2006年8月31日木曜日

明日から2学期。

今日で長いようで短かった8月も終わりです。まだまだ10月頃まで暑い日は続くけど、とりあえず、小中学校の夏休みが終われば夏は終わり、という気がします。

今年の夏を振り返ってみれば、とにかくビールをよく飲みました。おかげで体重が見事に右肩上がりになっています。去年はそうめんやスイカもたくさん食べたけど、今年はあんまり食べなかったなぁ。

…なんて、飲み食いの事ばっかり書いてるようですが、この夏いちばん記憶に残っているのは、子どもが歩き始めた瞬間をこの目で見る事ができたこと、でした。

生まれてちょうど1年と4ヶ月です。それからわずか1月、今ではキッチンをちょこまかと歩き回るほどになっていて、進化(この場合は成長っていう言葉の方が正しいんだろうけど、あえて)ってスゴイんだなぁと実感しています。

歩き始めた頃は2、3歩前に進むのがやっとで、足の踏んばりが安定せずに転んでばかりでした。でも、「ガンバレ!」とか「たって!」とか言わなくても、もちろん言っても分からないんですが、何度転んでも、笑いながら立ち上がって歩こうとします。

その姿を見て思った事は、うちの子ってなんてエライんだ!ってことじゃなく、こんなに小さくっても、人間は自分で立ち上がって前に進もうとする意欲を持ってる生き物なんだなぁってこと。

もちろん、1歳の子どもなのでそんなことは考えてないのかもしれないし、単純に視界が大きく変わり、立ち上がることも、歩く事も、転ぶ事も、全部がただ「楽しい」だけなのかもしれません。

それでも、見ているこちら側からすると、そんなことを思っちゃうほどに何度も何度も、転んでは立ち上がり、歩いては転び、また立ち上がり…ってことを繰り返しています。
そのおかげでずいぶんと歩行も安定してきたわけだけど、子どもの姿を見て、人間が持ってるポテンシャルというか、前向きに生きる姿勢っていうのを学んだような気がします。

ここのところ、小さな子どもが立て続けに悲惨な事故で亡くなり、とっても嫌なニュースがいっぱいで嫌な夏だったんだけど、少しだけ救われた、かもしれない。

明日から9月で今年も残り3ヶ月。転んでも立ち上がり、前に進んでいきたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿