2007年2月4日日曜日

増える靴。

 5年ぐらいはいてボロボロになった靴をまだでもはく僕を見かねて、奥さんから「捨てなさい」指令が出た。

というわけで昨日から靴を物色。某SCで型落ちのナイキフリーが値引きされていて、「さらにレジで半額」札がついていたのでかなり惹かれたのですが、廃棄処分になる白いプロケッズと同じく白を探していたので、結局買わずに止めておいた。そういえば、今だいたいメインではいてるオランダカラーのアディダス・ムンディアルゴールもここで見つけ、その時も半額札につられて買ったと記憶している。

今日は別の店へ行ってみたところ、ここでも結構なプライスオフが。何ですか、この季節って靴の商品入れかえ時期なんでしょうか?

早速店頭のワゴンを漁ると、変なカラーリングのスーパースターみたいなハイカットのものやらナイキのフットサルシューズなどに混じって、コンバースのジャックパーセルを発見。どれどれ…、に、2,900円!

サイズを確認するとジャスト。よくよく見ると、シミとかあるしソールとアッパーの接着剤がハミ出たりしているのだけど…、「まあ、この値段ならお買い得」と確保。かなりお手頃で1足見つけたので余裕ができ、引き続き物色してみることに。

「スタンスミスかあ。はいたことないなぁ。『別注の限定です』とか店員がいってたなぁ。でもオール白ってのもどうかなぁ。どれ…、うっ、皮めっちゃ固いやん! スタンスミスってこんなに固いのかぁ。うーんカントリーかぁ。さすが柔らかいなぁ。でもカントリーはちょっとなぁ。プーマはどうかなぁ。あー、パトリックもえーなー。うーんナイキはなぁ…」などと考える事40分…。

結局、プーマのリベラ2という、サッカーシューズのデザインにインスパイアされたようなスニーカーに決定。2足でしめて8,800円です。

これなら、昨日のナイキフリーも買えるかも…。あらためて見に行って、まだ残っていたら買っとくか…、と考えていますが、1足減った靴箱に2足が新たに入ることになった時点でプラス1、となるので、今回は我慢。

しかしこんな感じで、靴というのは増えていくのです。

春になるので白をチョイス

0 件のコメント:

コメントを投稿