2011年6月24日金曜日

人の縁について

今朝方、祖母が亡くなりました。
嫁の祖母なので義祖母ということになります。
97歳、死因は(診断書見ましたが)老衰。言わば大往生であった、と言って良いかと思います。

名前はサクばあちゃんと言いました。

生まれは神奈川県横須賀市。旦那さんが料理人として営んだ料亭で女将として働き、6人の子をもうけ、6年前に次女である私の義母が住む熊本へやってきた。

嫁さんの話によれば、かなり厳しいばあちゃんであったらしい。確かに、そんな面影はありましたね。

6年前、空港へ迎えに行った際、僕はこう言われたものです。

「わざわざすまないねぇ、運転手さん」


いや、あなたの孫の婿です。そこには若干の皮肉があったのかもしれませんが(笑)。

しかしサクばあちゃんは、その孫に対してもきついこと言うのです。

うちの娘を連れて見舞いに行くと(晩年は入院していたので)、誰か分かる?と問いかけるとこう言ったと聞きました。

「●●(うちの娘=ばあちゃんにとってのひ孫)の親」

キツイ(笑)。

実は昨日の時点で病院から連絡を受け、あまり永くないかもということで嫁と子どもは見舞いに行きました。

そして今朝。
6時半ごろ入電、心拍が落ちてるとの連絡を受け、それなら早めに娘を幼稚園へ送って病院に顔出さねばね、という話をしたのもつかの間、その30分後に「亡くなった」との連絡がありました。

当地の身寄りは次女にあたる義母と孫にあたる私の嫁のみで、葬儀は横浜で執り行なわれるのですが、それまでには時間があるため、明朝火葬となります。

正直に言えば、この6年の間も僕が直接接した機会はおそらく10回に満たないくらいで、血縁関係にはありますが、さほど身近ではありませんでした。

しかしながら、この方が6人の子をもうけて、そのうちの1人が私の奥さんとなる子をもうけたからこそ、今の私と私の子はある。

そう思うと義理の祖母とかいった血縁の遠さは関係なくなってきて、例えば嫁が親戚に電話する際に涙声になっているのを耳にして、こちらも涙腺が緩んだりするのです。


そんなわけで、明朝の火葬に備えて現在遺体の一時預かり(という表現はおかしいが)というか、安置されている斎場にてこれを書いています。

飲んでますけど酔いませぬ。

0 件のコメント:

コメントを投稿