2012年1月29日日曜日

TMレポ

今季初のトレーニングマッチを見てきました。
相手が高校1、2年生中心のユースということで、かなりワンサイドな展開になりましたので、スコアは参考にならないでしょう。ただ、どうやってゲームを運ぶかという部分については多少見えたことがありました。

構成は30分×2本の2セットで、1本目のメンバーが現時点では開幕に近い感じなのかな。そこに2本目の選手と今日いなかった中から数名絡んでくるということになるでしょうか。そういうわけなのでメンツは詳しくは書けませんが、昨シーズンまでとは違うサッカーを志向しているというのは見ていてすぐに感じ取れました。

今週見た練習とこのTMの中でも意図されていたのは、ワイドに使うことと、ボールを動かすことの2点。
当然その先には、相手を動かしてギャップを衝く、崩すという本来の狙いがあるので、広く動かすことやつなぐこと自体が目的ではありません。もちろん、シーズンが始まれば、状況に応じた的確な判断に基づいて、その瞬間にベストなプレーを選択をしていくことが求められるわけで、必要に応じてゴールに直結するようなプレーをチョイスすべき場面も出てきます。しかしベースとして無意識にスムースに、蹴らずにポゼッションできるようにする、言わば身体で覚えるというか、習慣化するために、前述の2点を強調している段階ということで、ゲームでも闇雲にシュートを打ちに行くのではなく、あえて広く動かし、打てる状況を作る意図が感じられました。

もちろんフィジカル、スキル両面で間違いなく上回っている(上回っていなければならない)相手なので、そういうことは余裕を持ってできて当たり前、ではあるのですが、終わってから監督も話していましたけれど、「去年までだったら、いっぱいいっぱいだった」というのも確かだなという印象。その点、やはりキープできる選手が入った効果は大きく、高い位置でポイントが作れる事で両SBが上がりやすい状況、そしてそれを生かせる展開ができていたこともあって、チャンスも多く作れていたのだと思われます。

もちろん相手とのレベルの差もあるし、特に新加入の若い選手にとっては初のゲームでアピールしたいというモチベーションも高かっただろうし、いろんなことが作用した結果ではあります。それでも、前からの守備がハマっていて高い位置で取れていた、そこから前に運ぶにあたっても、高いモビリティを生かして長短のパスでボールを動かし相手を揺さぶるなど、共通認識をもった上で、やろうとしていることが始動から2週間弱である程度できた点は評価していいと思います。

で、課題として感じたのは以下の点。連携面は時間も必要なので省略。

・スコアが開いた後、目的がちょっとぼやけた
→たくさん点を取るのか、いろんなパターンで点を取るのか、いろんなパターンで崩すのか、その辺が大量点でちょっと曖昧な感じに。(もちろん点を取る事、が第一義ではなかったはずですが、若干そこに意識がいったようにも)

・⑧が下がってから大きな展開がなくなった
→守から攻の起点になってた彼が抜けて攻撃がやや停滞(直接のアシストなどはなかったけど、直接FK含めると5点に絡んでる)。この辺は、彼が下がった時簡帯に集中力や運動量が全体的に落ちた影響も考えられます

・ちょっとしたミス
→公式戦ならヤバい位置、状況でのミス、判断ミスなど、ユース相手だったから何も起きないものでも、こういうのが積み重なると割とシーズン終盤なんかに痛い目に遭うんじゃないか、という類のもの

・2本目と差があり過ぎ
→クオリティの面でちょっと開き過ぎ。仕方ない部分もあるし組み合わせによって改善はできると思うが、今日のできだとちょっと心配

といった感じです。

個人的な感覚としては、(2本目は別として)総じて悪くなかったのではという印象ですが、藤本選手のブログを読むと、より具体的に、選手の視点で課題について触れられています。この辺の表現力も含めてさすがだなという感じ。プレーを見ていても、スキル、状況判断、ゴールへの姿勢、コンディション等、あらゆる面で1ランクも2ランクも違うなという印象でした。

ここのギャップを高い方に会わせて埋める事ができれば、結構いいとこ行く。のではないかと感じます。
多少楽観的かもしれませんけれど、少なくともその可能性が見えた試合でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿