2012年3月12日月曜日

初。

地元開幕戦は鳥取に逆転勝ち。
前半はどうなることかと思いましたが、後半にきっちり修正してきた。時間帯としては後半始まったばかりで、相手の方にリードしているという精神的な弛みもあったのかもしれませんが、立ち上がりはやられているわけでね、逆にうまく隙をつけたなと思います。そしてやっぱり大きかったのは2点目でした。

いくつかの要因が全部うまく噛み合って得点につながっています。
1、タケがアプローチをかける判断と寄せのスピード
2、それに連動したクンシクのポジション調整
3、柳楽のコントロールミス
4、タケの粘りと横に流す判断
5、鳥取の対応(クンシクに3枚行ってる)
6、藤本のスペースへの走り込み
7、クンシクの落ち着いた判断と正確なパス
8、藤本のコントロール
9、フィニッシュの技術

こんだけ重なれば得点になるわな。

帰ってから映像見直したんですけど、1点目に関してもクンシクのポジションによって鳥取のバックラインがオフサイドを疑ったようで一瞬対応が遅れていますし、武富のボールの運びに対してGK小針のポジショニングが若干ファーを開けてしまってる。もちろんきっちり突き刺したタケのシュート技術も素晴らしかったですが、その前の受ける段階で、養父が持った時に少しだけプルアウェイの動きを入れてDFを開かせた後にスピード上げてダイアゴナルに入って来てる。
このあたりのタイミングの共有しかり、2点目のコンビネーションについても、取り組んでいることが徐々に出ているという印象はあります。90分間でどれだけ回数を増やせるかがポイントですが、昨日の試合では1戦目よりもそういったコンビネーションでえぐれるところまで持って行く回数は増えていたと思います。

あとは守備ですね。

3バックに関してはまだ3枚の距離感やバランスが良くないし、そういうこともあってSHの位置取りが悪く中盤のサイドを使われる場面があったり、失点につながったような横に振られる形に対してのスライドがまだうまくいってませんが、回数を重ねれば詰まって行くでしょうし、イチが戻ってくれば4枚に戻して本来のサイドの使い方もできるので、そういう意味ではオプションとしての目処もある程度立っているんじゃないでしょうかね。もっとも、前線から中盤にかけての守備ではまだまだ連動して追い込むところまではいっていないし、かけどころ(場所、タイミング)についての共有ができていない感じだけど、これも重ねていくしかないので。

ともあれ、いい形で結果を出したし、もしかしたら1、0だった可能性のあるゲームで3取れた。このあたりの勝負強さが続けて出せるようになれば、必ずいいところまで行くだろうと感じております。

実践と修正の繰り返しだな。

信じて見続けるのみであります。

0 件のコメント:

コメントを投稿