2012年6月25日月曜日

富山戦。

2-0で今季アウェイ初勝利。

終わったから言えるけど、普通にやれれば現状では負ける相手ではないだろうと思ってました。しかし内容としては、ここ最近良かったのに比べるとやはりさほど良くはなかったかなと。画面を通じても、やや身体が重いというか、クイックな動きができてない印象でした。切り替えも含めて。

富山には行ったことないんですが、飛行機の乗り換えで入るのは結構しんどいんでしょうね。前日入りしているとは言え夜のゲームとなると体調面で難しさがあるのかもしれない。

そういう中での早い時間の先制点は確かに効いた。コーナー取る前のスローインが藏川選手からでしたが、相手がマーク等確認する前の1本目ということも得点につながった要因ではないかと。で、その後は何となくやーな時間だったけれども、相手のミスを逃さなかった2点目でほぼ決まったような気がします。

ポイントをいくつか。
まず、浮き球のパスに対して相手の選手の動きが後ろに下がる形になってますが、これを見ながらタケは競りに行かずにポジションを調整して、落下点を読んでいる。そこに読み通り、クリアミスのボールが落ちて来てます。
これを予測して、(たぶんシュートのイメージもできてたんでしょうね)ボレーで打つ判断をして、抑えたシュート。

シュート自体も上から落ちてくるボールなので難しい。距離があればドライブかけて落とすこともできると思いますが、角度もなく距離的には12,3mといったところから、ふかさずに押し出すというか、しっかり抑えたシュートになってました。

たぶん、この数試合で彼の中で得点への自信が大きく膨らんで来てるというか、ある程度のプレッシャーがあっても決められるというイメージができあがってるんじゃないかな。そのへん、次のゲームに向けてちょっと聞いてみようと思います。

前半はきつい展開になってしまったけど、継続で深化してると思うし、あと半分でごろっといい方向へ変わる可能性は十分ある。

千葉戦でその可能性を感じさせてくれたらと思います。

では、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿