2012年12月30日日曜日

2012振り返り〜後編

その②は仕事以外編。

とは言え、基本的には仕事が軸にありつつ、その周りで起きたことなわけですから、
テーマとしては「人間関係編」ということになりましょうか。

2012年を人間関係というアングルから振り返ると、浮かび上がってくるのは再会というキーワードだったのではないかと、個人的には感じています。実にいろんな方と再会した1年でした。

フリーになる前に勤めていた会社に入った直後、社会人になりたての頃に取材に行った店に実に18年ぶりくらいにうかがう機会があり、マスターの名前とともに、いただいた名刺の手触りまで瞬時に思い出したり、依頼を受けて取材に行った店のオーナーさんが中学時代の部活の先輩だったり、それからフェイスブックなどを通じて同級生や先輩・後輩と再びつながったり、あるいは(再会とは違いますけど)、会う方と私の間に共通の知人がいて実は過去に接点があったかもしれない存在だと分かったり。そんな感じで。

原則として生活拠点が変わらなければ、大人になったことによる延伸以上に劇的に行動半径が広がるわけではないので、業務の特性から言っても、そうした【過去に縁のあった方々】と再会する可能性は、普通の方よりやや高いのは確かだと思われます。
当然、20年弱似たような仕事をしていれば、少なからずそういうケースはある。しかし裏側から見るとですね、要はそれ=最初の接点=が次につながってなかったからこそ、「実に久しぶり」に会うことになってしまっているんだよね。つながってなかったっちゅうか、つなげきれなかったっちゅうか。

今年からお受けし始めた人物取材も含め、仕事を通してたくさんの人と会わせてもらっているのですが、それらが財産というか糧というか、もっと簡単に言うと経験として蓄積されているかと言えば、我ながら疑問符がつくことを否定できないふがいなさ。冷静に考えれば広がるものも広がらないわな。

使わなければシナプスが退化するように、人とのコネクションも放っておけば往来はなくなり、いざ必要となった時に使い物にならない。ってなことになってしまうと(つーかもうそんな感じなんですけどね)、せっかく人とつながる仕事をさせてもらえている意味がね、なくなってしまうじゃないかと、ことあるごとに思うのですが、喉元過ぎれば、なんだよねこれが。

2013年はそのあたりで、せっかくのご縁をしっかりつないでおくための工夫が必要だなあと、痛感しております。

というわけでひとまず、
2013年もどうぞよろしく、お願い申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿