2013年5月28日火曜日

リベンジ。

昨年夏に続いて岡山へ。

今回は車で行くのはやめて(運転しんどいので)高速バスを使いました。天神を21:45に出発し、翌朝7:00に着くというペガサス号をチョイス。
そこそこ快適でしたけれど、やっぱりフルフラットにはならないし。上半身のホールドは椅子もまぁまぁいいので問題ないんですが、とにかく足元に余裕がない。フットレストもついてましたがあまり機能してなかったかな。

まぁバスのことはさておき。

試合の方は栃木戦でやれていなかった前からの守備が非常に効果的で、それにともなって相手のボランチへ入れさせない、入っても前向かせない、トップにも入れさせない、そういう狙いとした守備ができていたと思います。前の3人にほとんど仕事させていなかった。
仲間君が3点に絡み齊藤君も2点に絡んで、もちろん守備もとても貢献してるんだけど効いてたのはファビオ。長いボールもしっかり収めて起点になっていました。
それからボランチも縦のコースを切りながら食いつけるところではしっかり食いついて取りきり、うまく攻撃につなぐことができていたし、1トップへのボールはCB2枚がよく跳ね返していた。

早い時間に点が取れて優位に進めることができたけれど、流れの中ではもっと仕掛けてもいいんじゃないかと思われる場面もなくはなかった。それでも2点目、3点目は相手の隙をうまくついて、シンプルな形でよく取ったゴールでした。
この時点で自分としては少し安心したわけだけど、神戸戦の例もあるし、まだ取れる雰囲気はあったのでもう1点取って決めて欲しかったわけですが、記者席からグラウンドレベルに下りると様相が変わってきます。

一般的には3点はセーフティリードの範疇だと思うし、いくら相手が終盤に強いといってもそうそうひっくり返る可能性はきわめて低い。要は自分たちで3点をセーフティにできなかったその後の運び方、終わらせ方に問題があったということになる。この辺り、シーズン終盤に得失点差勝負になってくると泣きを見ますので、もっと詰めていく必要がありますね。

残り時間にもよるけどセオリーとしてはキープの時間を増やす、切るにしても自陣ではなく相手陣内、しかもゴールキックではなくコーナーや深いところでのタッチ=スローインからのリスタートになるようにする、そういったことになってきますが、点をもっと、という思いが強かったりその辺の意識に差があったりすると無理矢理打ってしまったり持ち込んで引っ掛けられてカウンターうけたり、ということになるわけで、実際にそうなってしまった。

リードしている時の終わらせ方が板についてくると負ける可能性はグンと減るので、その点改善が必要かと思います。

それにしても取れる時は取れるものだな、というのを今年は改めて感じる試合が多い。3得点は4試合目。
もちろんトレーニングの成果であり個人個人の成長がもたらしているものだけど、できてる時のゲームがスタンダードになればなと思う。

ふたたび、大事なのは次です。

IMG_1221 - バージョン 2
▲2のとこが0ならパーフェクトだったんだけど。とは言えヨカッタ

0 件のコメント:

コメントを投稿