2013年9月18日水曜日

終わったから言えるけど

実を言うと…、勝つと思っていました。
というか、その確率が高いかなと思っていた、という方がいいか。
(まぁ、そう思ってても負けてればこんなことは言えないわけですが)

プレビューで少し触れ、試合後の会見でも池谷さんがちょっと言及しているんですが、先週の金曜の練習で空気が弛んでいる時間があった。そこでピリッと締め直したわけです。

もちろん1回締めて勝てるくらいならば毎回やればいいんだけどそんなことはないし、試合は相手次第でどんな展開にもなる。なのでそうやって緊張感をもう一度持たせたというのはあくまで、ちょっとしたきっかけにしか過ぎないのですが。
ただタイミングとしてはさすがだなという感じでした。見ていたこちらもハッとさせられたし、徳島に勝っても状況は変わってないんだってことを、改めて突きつけられた。

しかしそれ以上に大きいのは、今までゲームに出る機会が少なかった選手が絡んでくるようになってること。
もちろん、誰かが怪我で離脱したり出場停止になったりといった事情が背景にはあって、もしかすると消極的な理由でのチョイスかもしれない。でもそうやって起用された選手が、今のところしっかり貢献している。

これは本来、チームという集合体を考えると当たり前のことでないといけないし、そこはこれまでの強化とマネジメントの範疇に入ってくる話。ただ、シーズンもこの時期になってくると、意外とこれが当たり前でもない、ようである(よそとかを見ていると)。
当然、戦術理解とかスキル、先発組へのフィット具合、試合勘なんかもありますが、それよりもやはりモチベーションやメンタルを同じテンションにしないといけない難しさが、託す方にも託される方にもある気がする。

ところがやっぱり、ああやって久々に出る選手が仕事をしたことで、当人にも周りにもプラスになってる。養父選手の言葉がとっても印象深いんですが、彼は自分自身で試合に出られなくて悔しい気持ちが強かったとも言っていたけれど、
「自分と同じように悔しい思いを持っている選手もいるんで、そいつの分まで」ってことを言っていた。まぁ誰とは言いませんけれど、顔は浮かぶわけです。
天皇杯の試合が終わって次のゲームの2日前にその言葉を聞いて、相手は関係なく、これはいけるのではないかという期待ができたのでした。勘といいますか。

もちろんシーズン終盤になってくると生まれる特有の空気かもしれないし、ホントは初めからそういうエネルギーがある方がいいのでしょうが、ここへ来てそういう、他者のためにっていう動機が出てくると、そしてそれで結果が好転し始めると、確かに勢いがーー書きながら思い出しましたが例えば'09年の終盤みたいな勢いがーーついていくものだと思うわけです。

で、始めはのうちは境遇の似た仲のいい選手とか、それぞれの家族とか、あとはチームのスタッフとかクラブの人とか、「近いところ」に限られてたその「他者」の範囲がちょっとずつ広がっていく。やっぱり気持ちとか思いって伝播していくし双方向での感情の往来が生まれてくるので、そのエリアがスポンサーさんとかお客さん、ゴール裏を染めてくれるサポーター、そして県全体、って感じになってくると、想像もつかないようなすごいことになるわけです。この間の試合後の雰囲気みたいに。

もちろんこうしたことは試合で起きることとは直接の関係はなくて、やっぱり結果に反映されるのはそれまでの積み重ねであって、でも方や無慈悲に、理不尽に勝敗が決まるのもサッカーではある。

一体感って見えないし分からないし難しいですが、それでも、少なくとも気持ちのベクトルが揃ってシンクロするとああなるのかという現象は、たしかに見ることができた月曜日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿