2013年11月29日金曜日

#6

ホーム最終戦の横浜FC戦の日、スタジアムのロビーで彼を見かけた。
スーツ姿だったから、ベンチ入りしてないことが分かった。
そのままアウェイチームのロッカールームの方へ歩いて行ってたのだけど(市村君に会いに)、途中にメディア控え室があるから、恰好としては彼の数mあとを俺が歩いて行く形になる。
しばらく試合に絡んでないから練習後に話を聞く時間は少なくなっていて、
ちょっと声をかけるのに勇気がいった。
けど思い切って声をかけた。というか、追っかけて行って肩をたたいた。
振り向いた彼の顔を見た瞬間に、ちょっと溢れてきて、うまく言葉にならなかった。
15秒くらいのものだけど、ちゃんと顔を見ることができなかった。
そんなん、まだ発表されてるわけでも本人に通達されてるわけでももないのに、
今季でいなくなってしまうんじゃないかと思ってそんな風になってしまった自分にも腹が立って。

でも、彼はいつもみたいに、
八重歯をのぞかせて笑うんだ。苦笑いだったかもしれないけど。

でもこうも思えた。
今日ベンチに入ってないってことは、
そういう、最後の舞台が用意されてるわけではない、
てことは、今年で終わりってわけじゃ、ないんじゃないか。
試合にはあまり出られなかったし、
もしかしたらそうなってしまうかもしれないけど、
でもそうならない可能性もまだあるだろうと。

でも実際には、望みは持っていながら、どっかで覚悟はできてた気はする。
だから今朝のリリースも、
驚いたんだけど、驚かなかったとも言える。

ただ、ホントに最初の日から生き残ってきた彼だから、もっとふさわしい状況で、
ちゃんと送り出したかった。
それはクラブ側にもなかったわけではないと思うけど、
今年は北嶋選手の件もあって。
比べられないというか、種類が違うから、
こういう形になってしまったのは仕方ない部分もあろうとは思う。

それでも午後にリリースの出た3人とは別に発表したところには配慮を感じた。

今日、練習後に少し話をした。

本人は気丈にしているし、ああいう性格だから、つとめて明るく振る舞ってる。
でも胸の内ではきっと、悔しさやら無念さがあるだろうと思う。
なきゃおかしいもんね。

今年、紅白戦の時に主力組から外れて、ボトルを地面に投げつけたことがあったろ。
あの場面見て、「乗り越えろ」と思った。椅子は自分で掴め、取り返せ。そう思った。
とくに去年までの数年間もきつかったよね。
でもそういうキツい時期も、
もっと遡って20歳でほんとになんにもないところに来て、
練習場を転々として、試合の日でさえテントみたいなところで着替えたりシャワーも無かったり、
そういう環境を経験してきたことを思えば、大丈夫だと思った。

「Jリーグ行こうぜ」っていう目標を皆で共有して、そこに届いたんだから。

山と谷と、嵐もあったと思う9年だけど、この時間はぜったいに糧になるよ。

だからもうひと回り大きくなって、ぜったい帰ってこい。

0 件のコメント:

コメントを投稿