2014年8月7日木曜日

あと1つ。

山梨で行われている高校総体、5年ぶりにベスト4入りした大津は、準決勝で前橋育英に1-0で勝って、史上はじめて全国大会での決勝進出を決めました。熊本県代表の決勝進出は'85年の石川インターハイで優勝した九州学院以来。

'85年と言えば、自分にとっては高校受験の年。
NHKで放送された室蘭大谷との決勝戦、まだ戦術だのシステムだのが語られていない時代にあって、ショートパス主体にしてゴール前ですらワンツーで崩していくような「綺麗な」サッカーを見て、中学生ながら衝撃を受けたものです。
何より魅かれたのが、あの鮮やかなオレンジ色のユニ。たぶんオランダをイメージしたものなんだけど、肩から袖口にかけて入ったアディダスの黒い3本線が締まりを与える一方で、その3本線の隙間がね、地の色であるオレンジではなくて、あえて白になってるところ、これがまた特注っぽくて上品で、すっごくかっこ良かったんですよね。あれを着たい!と思った。

僕の通った中学にはサッカー部がなく(今はありまして、数年前には県で準優勝の実績もありますの)、サッカーをやりたかった奴らは陸上部か野球部かバレー部か、そしてなぜか卓球部に分散した。そして自分も含めて、そんな連中は昼休みのバレーボールを使った体育館サッカーに夢中になりました。
バレーボールは小さくて軽く、おまけに体育館で風の影響を受けないから曲げるのも簡単で、サッカーボールと比べてパネルの枚数が少ないからか、今で言う無回転キックのような、不規則な曲がり方も時々は飛び出して、そりゃぁ盛り上がった。ヘディングしても痛くない。ただ、あるとき陸上部の後輩の女の子の顔面に思いきりボールをぶつけてしまったことがあって、あれはさすがに痛かったろうと思うし、思い出すだけでも冷や汗が出る。本当に申し訳なかったと思います(体もちっちゃい子だったので)。
で、同級生の中には「お前、九学に行けばいいんじゃ?」みたいなことを言うヤツがいて、こっちとしてもその気になり、受けてしまうのね。決して、記念受験じゃなかったんだけど。


で、九州学院、不合格。受験には運もある。私立で1つだけ受かってたけど、そこに行くくらいなら浪人した方がまし、というくらいに行きたくないところ(なのでドコ、とは言えないのですが)。もう後がない僕はやっと本気を出しまして。

とは言え、公立も本命として狙っていたところは別にあった。でも担任のN先生は、ちょっと微妙だという。そこで薦められたのが大津高。新設される理数科なら全県域が対象なので、阿蘇郡の中学から受験しても上位5%の学区外基準は関係ないから、とN先生は言った。聞けば、N先生もそこのOB。そして実はうちの爺さんも、旧制中学時代ではあるが大津OBなのでした。
ならいいか。もし理数科がダメでも、普通科のラインには引っかかるだろう。
そうやって、もしかしたら導かれるかなにかして、15歳の僕は大津に入った。

昭和61(1986)年、春。私はようやく、人生で初めてサッカー部員となりました。この時の大津はまだ、普通の田舎の県立高校のサッカー部でした。僕ら1年が(徐々に減ってくんだけど)15人くらい、1つ上の2年が5〜6人、そして3年生がやっぱり4〜5人、という感じ。ぜんっぜん、強くない。先輩たちみんな部室で◯◯してたし(笑)、強いわけがない。県でもベスト16に進めばいい方。同じ県北にあって公立普通高校のライバル的存在である鹿本にはもちろん勝てないし、隣の大津産業(今の翔陽ね)にだって勝てない。中学の同級生が何人も行った阿蘇高校が時々、練習試合しにきたりして(ワタナベさんっていうゴツくて上手い人が1人いたなぁ)。それでもまぁ、1年目の遠山先生はずっと優しかったし、牧歌的で平和だった。中学時代に本格的にやってないハンディは感じたけど、このまま頑張ったら3年になればレギュラー取れるかな、くらいのレベルと規模でしたね。

しかし裏では、壮大なプロジェクトが始まっていたのでした。それはつまり、翌年から体育コースを作ってサッカーを強化し、将来的に全国を狙う、ということ。この年から荒木時彌さんが校長になったのも、小中学校で実績のある遠山和美先生がサッカー部の顧問として赴任してきてるのも、そのためだったわけです。

昭和62(1987)年、春。1学年下にできた体育コースに入ってきたのは上手いやつばかり。竜北中から4人、竜南、砥用、小川、北部、武蔵といった、体育コースがなければ「なんで大津に来たと?」と聞きたくなるような校区外の中学からきた連中はもちろん、大津、合志、旭志あたりの校区内の中学出身の連中も、今までとは全く基準が違うわけです。ボール扱いの基礎から、もう全然違う。
6月の高校総体が終わると、僕らの1つ上の3年生は皆引退。そしてなんとなく、「下のヤツらを使うんでしょ」といった空気から軋轢が生じて、同学年も入部当初からかなり減り、7人くらいになった。これがちょうど、過渡期でした。
正直に言えば、自分もそういう空気を感じ取ってはいた。でも、いっつもリフティングが俺の所で続かなくなって、「こんくらいでごまかしときましょうか」って言われるのがつらかったのを除けば(笑)、上手い奴らと一緒に蹴るのは本当に楽しかった。夏休み前には島原まで遠征に行って九州総体を見たり、島商とやったり。バスの中で佐々木がずっと言ってた「島商と、しましょう」っていうつまらない駄洒落も、くだらなくておかしくて。

遠山先生にはプランがあった、と、その年の冬、高校選手権初出場を決めた直後のサッカーマガジン(当時はまだ月刊)にはある。それによれば、体育コースの1期を対象にした強化策は、「1年で技術、2年で戦術、3年で体力」を強化して、3年目で全国に名乗りを上げる、というもの。しかしそのプランに反して、1年の彼らが、全国への扉を開けてくれたんです。しかも九州学院を決勝で下して。

この年の夏、学校に新しくできたセミナーハウス(いわゆる宿泊研修施設)で、運動部の主将、副将を集めた研修会があり、なぜか副将の1人に指名されてしまっていた僕はキャプテンの吉村修一君とともにこれに参加。そして夕食後に設けられたミーティングでの、各部の目標をスピーチする時間、あろうことか吉村は、相談もなしに言い放った。
「県で優勝して全国に行きます」
横で聞いていた僕は「ちょっ、そりゃちょっと早いだろ。せめてベスト8ぐらいにしとけよ…」と思ったんだけど、
「あん時は勢いもあったけどたい、あんだけのメンバーがおったとだけん、行かないかんやろ、って、俺は思っとったね」と、吉村は言ってました。

私はと言えば、県大会の準決勝(熊農戦)前日に、夕方の課外が増えて練習に行けなくなったことを理由に、顧問の遠山先生に退部を申し出て、続けていれば(開会式で)踏めたであろう国立のピッチを踏み損ねたわけですが…、
昭和63(1988)年のお正月、全国大会に初めて臨んだ大津は、千葉の秋津サッカー場で対戦した茨城の古河一に0−7で惨敗。そりゃしょうがない。だって11人のうち、スイーパーのキャプテン吉村を除く10人が1年でしたからね。
当時のシステムは1−3−3−3。

FW  ⑪橋口  ⑩小島  ⑨眞田

MF  ⑧三森  ⑤島村  ⑦村山

DF  ③河野  ⑥村上  ④佐々木

         ②吉村

GK       ①山崎


背番号はちょっとうろ覚えだけどこんな感じかな。なんというか、原始的。

この時のことを、去年フェイスブックを通じて25年ぶりに会った佐々木はこう言ってます。
「学校だけじゃなく、大津町挙げての応援だったのに、あんな負け方をして。恥ずかしくて帰りたくなかったですよ。でも帰ってから応援に来てくれた同級生に『修学旅行みたいで楽しかったよ』って言ってもらえて、良かったなって」
そう。負けたんだけど、0−7なんてすごく恥ずかしかったんだけど、なーんにもない、ただの田舎の高校にさ、「俺ら、大津!」って言える、自慢できることを作ってくれたんだ。
途中で退部して、自分が出たわけでもないのに、1年の浪人生活を経て入った大学のサッカー部で「出身高校は熊本の大津です!」って言っただけで、「大津か! 期待してるぞ!」って言われるくらいに。

でも俺らにも葛藤があったんですよ、と、佐々木は言うのです。竜北とか小川とか、八代あたりの中学から縁もゆかりも無い菊池郡の高校に来て、受け入れてもらえるか不安だった、と。でも、初めて全国行きを決めたあの水前寺で、あんなに多くの先輩たちが応援に来てくれたから、力を出せたんですよ、と。

あれから26年の間にも、そういう思いで入ってきた選手達がたくさんいたんでしょうね。ざっとならして、毎年40人くらいの部員が卒業してきたと計算すると、この26年で1000人を超えるOBがいることになる。
そういう人のなかには、プロになって今も現役で頑張ってる選手もいれば、そうでない選手もいれば、
癌を患って、後輩たちの活躍を見届けられずに41歳で亡くなった小島和男もいる。

数年おきに「今年は行けるぞ」と言われながらもなかなか勝ち進めず、県内では私学がまた台頭して群雄割拠の時代もありながら、でも安定して全国で上位を争えるようになって、やっとやっと、初めてファイナルまできた。平岡先生の功績は間違いなく大きいし、なしには語れないです。でも、26年前に最初の1歩を踏み出したヤツらがいたんですよってことも、横で見ていた僕としてはちょっとだけでも、知って欲しいと思うんです。

東福岡にも、思いや背負ってるものもあるでしょう。
九州総体では負けているし、力的には向こうが上かもしんない。

それでもあのときと同じように、周りの在校生も、そしてサッカー部でない人も入れれば2万人くらいいる卒業生がずっと、「優勝はまだか」って気にかけてきた。それは軽くないよね。

おっちゃんは明日、リアルタイムでは見れない。
でも、いい知らせを待ってるぞ。





0 件のコメント:

コメントを投稿